まことの日々 Makoto no The day

つくし2組 若井

まこと幼稚園

 

みなさん、こんにちは!つくし2組担任の若井です。日ごとに寒さが身にしみる頃となってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

 

つくし組では12月の学習発表会に向けて子どもたちは毎日一生懸命に表現活動に取り組んでいます。活動を始めたばかりの頃は恥ずかしさや緊張から泣いてしまう子どもたちの姿も見られましたが、活動を重ねていくごとにセリフや動きを覚えて、自分の役の動物になりきって表現を楽しむことができるようになってきました。今日の活動では一人ひとりの立ち位置の確認を行いました。教師が子どもたちに舞台に出たらどこに立つのかを聞くと、「ぴんく!」「みどりまーく!」と、自分の立ち位置の色を覚えることができている様子でした。また「はーい!にっこり」が始まると、子どもたちは大好きなダンスをとても楽しそうに踊っていました。「最後は腕をピーンと伸ばすともっとかっこよくなるよ」と話をすると、子どもたちは体を大きく動かして踊ることができていました。今月の保育目標の繰り返しのある話や好きな話をもとに役になりきって活動するというねらい達成に向けて、「はーい!にっこり」の歌を通してセリフや表現活動を元気に頑張っている子どもたちです。

 

 

また、今日は11月の壁面制作で作ったみのむしの周りに秋の絵を描く活動を行いました。活動前に「秋になると木の葉っぱは赤とか黄色になるんだよ」と子どもたちに話をすると、赤や黄色のクレヨンで好きな形の葉っぱを描くことができていました。また、「きもかきたい」と木を描いている子もいれば、「おにぎりもかく」と好きな食べ物を描いている子もいて、自由に秋の絵を描く子どもたちの姿が見られました。

 

 

 

 

これからも子どもたち一人ひとりの想いを大切に様々な活動に取り組んでいきたいと思います。

次のエッセイもお楽しみに♪